美容サプリメントが女性を輝かせる秘密|美しさの源

女の人

水素原子を多く含んだ水

レディ

活性酸素との結合

水素は通常は、原子が2個つながって分子となることで存在しています。このつながりをあえて断ち、原子の状態とした水素を溶け込ませた水が、活性水素水です。つながりが断たれることで、水素の原子は他の物質との結合を強く求めるようになります。そして水素にはもともと、酸素と結合しやすいという性質があります。そのため活性水素水を飲むと、水素の原子が体内の活性酸素とどんどん結合していきます。これにより活性酸素は動きを封じられるので、活性水素水は活性酸素によるトラブルを防ぐためによく飲まれています。ただし活性水素水の水素原子は、空気中の酸素とも結合してしまいます。そのため開封後には、空気に長時間触れさせないように、できるだけ短時間で飲む必要があります。

細胞の働きを守るため

体内の活性酸素を放置しておくと、細胞の働きが酸化によって悪くなっていきます。これにより、体では様々なトラブルが起こるようになります。たとえば肝臓の細胞の働きが悪くなれば脂肪肝の、脳細胞の働きが悪くなればアルツハイマー病のリスクが高くなるのです。また、頭皮の細胞が酸化すれば抜け毛が、顔の肌の細胞が酸化すればシミが、それぞれ生じやすくなります。そのため多くの人が、活性酸素を効率良く無害化できる活性水素水を、体を守るために飲んでいます。活性酸素は、食後や運動後などに増えやすくなるので、活性水素水はそのタイミングで飲むことが特に効果的とされています。もちろん毎日継続して飲んだ方が、高い効果が出やすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加